最先端の知力を結集して新しい価値を創造する。
財団法人本庄国債リサーチパーク研究推進機構は、2005年5月17日、早稲田大学・本庄キャンパス内に設立されました。

ホームの中の事業のご紹介の中の本庄スマートエネルギータウンプロジェクト

※2014年3月で活動を終了し6月より本庄早稲田オープンイノベーションネットワークの研究部会として活動していきます。

本庄スマートエネルギータウンプロジェクト

本庄地域で地方版スマートシティの構築を目指して

本プロジェクトでは、上越新幹線本庄早稲田駅周辺で整備が進む土地区画整理地区において、自然エネルギー(バイオマス、地中熱、太陽光、太陽熱など)を有効に活用し、地域のエネルギー・交通システム・市民のライフスタイルを統合的に組み合わせた地方版スマートシティのモデルとして「本庄スマートエネルギータウン構想」を策定し、早稲田大学、企業、関係機関と連携して、上記の構想の実現に向け活動します。

整備イメージ図
  • プロジェクト概要 [PDF]
  • 組織・活動 [PDF]
Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧になるには、Adobe® Reader®が必要です。
Adobe Readerをダウンロードするには左の「Get Adobe Reader」ボタンをクリックしてください。