最先端の知力を結集して新しい価値を創造する。
財団法人本庄国債リサーチパーク研究推進機構は、2005年5月17日、早稲田大学・本庄キャンパス内に設立されました。

ホームの中の イベント&ニュースの中のイベント詳細

イベント詳細


「地域の医療と健康を考える会」講演会を開催しました。

◆テーマ

「糖尿病と生きる」

-健康長寿を目指して-


◆概要

世界でも日本でも、糖尿病の患者数は年々増加傾向にあり、その治療・克服は世界的に重要な課題となっています。

糖尿病は糖尿病合併症だけでなく心血障害や癌・認知症のリスクとも関連していることが明らかになり、日本人糖尿病患者の寿命は、糖尿病を有しない人と比較し、約10歳短縮することが分かっています。

 元気に長く生きる「健康長寿」のために糖尿病の最新情報をお伝えします。



開催概要

申込方法


公益財団法人 本庄早稲田国際リサーチパーク
地域連携支援部
TEL:0495-24-7455
FAX:0495-24-7465
MAIL:wrp-info@howarp.or.jp

定員 100人程度(事前申し込み者優先)
申込期限 2016年5月10日

問い合わせ


公益財団法人 本庄早稲田国際リサーチパーク
地域連携支援部
TEL:0495-24-7455
FAX:0495-24-7465
MAIL:wrp-info@howarp.or.jp

年間スケジュール

イベント後記

今回は東京大学医学部付属病院 糖尿病・代謝内科医師 梅松瞳先生をお招きし
「糖尿病」についてご講演いただきました。

世界でも日本でも、糖尿病の患者数は年々増加傾向にあり、その治療・克服は世界的に見て重要な課題となっています。元気に長く生きる「健康長寿」のために糖尿病の最新の情報や予防法、治療法をお話しいただきました。

参加者の方からは「具体的で努力目標が立てやすかった。東大のDrであり患者の一番身近な存在だと感じました。とてもわかりやすかったし、一生の病であるが、明るいイメージにかわりホッとした。 」等ご感想をいただきました。

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧になるには、Adobe® Reader®が必要です。
Adobe Readerをダウンロードするには左の「Get Adobe Reader」ボタンをクリックしてください。