最先端の知力を結集して新しい価値を創造する。

ホームの中の イベント&ニュースの中のイベント詳細

イベント詳細


10月13日「エコタウンセミナー」を開催しました。

風楽ミュージック フェステイバル in 本庄を2013年10月13日(日)10時~17時まで、早稲田リサーチパークにて行います。

その中で、10時~12時まで「エコタウンセミナー」と題して、本庄市におけるエコタウンへの取り組みをご紹介いたします。

①「本庄市の『エコタウンプロジェクト』について」 吉田信解 本庄市長

②「本庄スマートエネルギータウンプロジェクトの現状と展望」 早稲田大学環境総合研究センター  小野田弘士 准教授

③「本庄早稲田の杜でのスマートなまちづくり」早稲田大学理工学術院  高口洋人 教授

 

尚、当日は、風楽ミュージックフェスティバルにおいて、野外ライブ、ワークションプ、まかないフェス、フリーマーケット、DJブースなどの出展が予定されております。風楽ミュージックフェスティバルに関するお問い合わせは、下記の風楽ミュージック フェステイバル in 本庄のホームページをご覧ください。

http://furaku-music-festival.com/

開催概要

【開催日】2013年10月13日(日)
【会場】早稲田リサーチパーク・コミュニケーションセンター 3F レクチャールーム1
【開催時間】10:00~12:00
【参加費】無料
【定員】100名
【対象者】どなたでもご参加ください。

※こちらのエコタウンセミナーに参加された方 先着100名様に、同日に行われる
「風楽ミュージック フェスティバル in 本庄」内の「まかないフェス」で使える
100円割引券をプレゼント!

申込方法

氏名(ふりがな)、住所、連絡先(TELまたメールアドレス)をご記入の上、
下記のいずれかの方法で、2013年10月11日(金)までにお申込みください。

尚、応募者多数の場合は先着順とさせて頂きますので、お申込みはお早めにどうぞ。

①TEL: 0495-24-7455
②FAX: 0495-24-7465
③E-mail: wrp-info@howarp.or.jp

問い合わせ

公益財団法人 本庄早稲田国際リサーチパーク
産学官連携推進部 エコタウンセミナー担当
TEL 0495-24-7455 / FAX 0495-24-7465
E-mail:wrp-info@howarp.or.jp

年間スケジュール

イベント後記

 10月13日日曜日、本庄商工会議所青年部との共催で「風楽ミュージックフェスティバルin 本庄」が早稲田リサーチパークで開催されるとともに、同時開催で「エコタウンセミナー」が実施されました。終日開催されたフェスタには千名近くの入場があり、午前10時から行われたセミナーには約50名の参加がありました。
 この「エコタウンセミナー」は、昨年5月に本庄市が埼玉県より東松山市とともに「エコタウンプロジェクト」に指定されたにもかかわらず、市民の認知度がいまだ低いことから、「風楽フェスティバル」の従来の企画に加えて、商工会議所青年部により企画されたものです。

 はじめに、吉田本庄市長により、「本庄市の『エコタウンプロジェクト化』について」と題して基調講演が行われました。
 首都圏の「北の玄関口」として、本庄市が交通の要衝にあり、自然・産業に恵まれた地域であることが強調されるとともに、これまでの長年にわたる環境への取り組みが報告されました。そのうえで本庄市が「環境共生都市」として目指す9つの分野(住宅や商業施設、農業、工場など)にわたる多面的な取り組みや、今後想定される首都圏地震に備えた災害に強いエコタウンを目指すことが説明されました。

 続いて、早稲田大学環境総合研究センター小野田准教授により、「本庄スマートエネルギータウンプロジェクトの現状と展望」と題して講演が行われました。
 現在全国各地で進められている「スマートタウン」の問題点として、インフラ整備へのアプローチのポイントや様々な課題・問題が提示され、今後、地域で進めるためには、地域を知り、地域特性やニーズに応じたプラン策定が必要であり、エネルギー設備等はあくまでも地域の課題を解決する手段だということが強調されるとともに、今後プロジェクトで目指すエネルギーサービスプロバイダーの事業イメージの説明や、本庄地域で展開可能な事業についての報告が行われました。

 最後に、早稲田大学高口教授より「本庄早稲田の杜でのスマートなまちづくり」と題して講演が行われました。
 冒頭、住まいやまちづくりに求められるスマートとは何かについて、例示的にスマート家電メーカーが提案している様々な家電の「改善」を取り上げ、こうしたあれこれの技術的な改善には限界があり、現代人が求めている「治安に対する大きな期待」、「自然との近さ」、「自由、自己実現」、「省エネだけでは魅力なし」などの要求に根本的にこたえ実現するのがスマートシティー/コミュニティーだと強調。そのうえで本庄早稲田の杜で目指すべき新しいまちづくりを、具体的な生活像とともに提案されました。

 参加人数は必ずしも多くはありませんでしたが、今回の講演は今後のまちづくりを考える貴重な機会になりました。まちづくりに資する今回のような講演・シンポジウムを、関連機関とも連携しつつ今後も継続して開催したいと思います。

<吉田信解 本庄市長>              <小野田弘士 准教授>           <高口洋人 教授>

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧になるには、Adobe® Reader®が必要です。
Adobe Readerをダウンロードするには左の「Get Adobe Reader」ボタンをクリックしてください。