最先端の知力を結集して新しい価値を創造する。
財団法人本庄国債リサーチパーク研究推進機構は、2005年5月17日、早稲田大学・本庄キャンパス内に設立されました。

ホームの中の イベント&ニュースの中のイベント詳細

イベント詳細


*開催しました*埼玉県主催「次世代産業カレッジ」 早稲田大学講座のご案内


■ 次世代産業カレッジ

 埼玉県では、世界水準の技術を持つ人材育成を目指し、技術の向上や成長分野への進出を後押しし、新たな分野へ参入しようとする意欲ある企業を支援するため、企業の皆様を対象に理工科系大学の教授等による「次世代産業カレッジ」を開講しています。

 

■ イノベーション意欲を持った中小企業の技術者を育てます

 各講座を通して、異業種、大学、研究機関等の優れた人材とネットワークを形成しながら、新技術・新製品開発や新分野に進出するイノベーション意欲を持った中小企業の人材を育成します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 平成26年度は ◆医療・福祉、◆新エネルギー2分野を中心に講座を行います。

 本庄早稲田国際リサーチパークでは、新エネルギー分野として次の講座を開講致しますので、貴社の人材育成に是非ともご活用下さい。 

 

  ●講 座 : 「ゼロエネルギー建築からリジェネ建築へ」 

  ●講 師 : 早稲田大学創造理工学部建築学科 教授  高口 洋人

  ●日 程 :  2014年12月3日(水) 15:30~17:30

  ●会 場 :  新都心ビジネス交流プラザ 4階 A会議室
                URL: http://www.pref.saitama.lg.jp/page/plaza.html

開催概要

【講義内容】
建築物は資源とエネルギーを大量消費する環境破壊の元凶のように言われてきました。最近になって省エネ化と太陽光発電等の性能が向上し、エネルギー収支をバランスさせる「ゼロエネルギー建築」の実現が視野に入ってきました。
そして、その先には建物を建てることで従前の環境よりも良い環境を実現する「Regenerative建築(再創生建築)」があります。
東日本大震災や原子力発電の停止を経験した日本が目指すべき建築はどういうものか? 皆様と一緒になって考えたいと思います。

【略 歴】 
1995年早稲田大学理工学部建築学科卒業、1997年同大学院理工学研究科修了。
2002年博士(工学)取得。2007年より早稲田大学准教授。
2012年より現職。完全リサイクル型住宅や家庭用燃料電池の開発に従事。
著書に「完全リサイクル型住宅Ⅰ、Ⅱ」「地方都市再生の戦略」「都市環境学」
「健康建築学」「 民家再生の実例」(いずれも共著)、「ZED Book」(共訳)」など。
【研究テーマ】
Zero Energy 住宅の開発、環境情報の見せる化技術開発
省エネルギー政策(特に中小既築事務所対策)

申込方法

詳細なご案内および参加申込書

・本庄早稲田国際リサーチパークまでFAXでお申込み下さい。
 FAX:0495-24-7465

問い合わせ

公益財団法人 本庄早稲田国際リサーチパーク
Tel: 0495-24-7455(山田)

年間スケジュール

イベント後記

 セミナーの参加人数は21名となり、質疑応答も活発に行われ盛況のうちに終了しました。
 高口教授からは、住宅に関する家計に占める光熱費の推移など身近なエネルギー問題を取り上げられるとともに、将来的な建築物省エネルギー表示制度(BELS)およびZEBの具体的な取組状況を紹介頂きました。
 また、アンケート調査結果では全ての方々が「参考になった」と答えられ、大変満足頂けました。

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧になるには、Adobe® Reader®が必要です。
Adobe Readerをダウンロードするには左の「Get Adobe Reader」ボタンをクリックしてください。